2016
09.18

おなかの調子と、気になること3つ。


お迎えしてからずっと、おなかの調子がいまいちなドイルくん。
最初はカンピロバクター、芽胞菌、次にトリコモナス、そしてまた芽胞菌…
それぞれに効くお薬を飲んで、だいぶ良くなってきたので、
先週の金曜日(9/9)の朝、お薬は一旦終了。
ここからは本人の力で良くなっていくかな… と期待しましたが。


今週に入ってから、少しずつまたうんちが柔らかくなってきてしまいました。
P9111177.jpg


水曜日、病院に現状報告と相談の電話をすると、
明らかにゆるくなってきているようであれば早めに来てくださいとのこと。

その日の夜、やっぱり明らかにゆるくなってるな…という便が出たので、
木曜日に受診に行ってきました。
P9152098.jpg


その結果・・・
 ・芽胞菌はいない
 ・カンピロバクター等の細菌が増殖している
とのことでした。

原因として考えられるのは、
先週土曜日に庭で食べてしまった落ち葉等。(飼い主深く反省)
そして、ドイルの胃腸の機能。

たくさんの細菌が外部から入ってしまったのか。
それとも細菌自体は少量だったが、ドイルのおなかがそれに負けてしまったのか。
先生も、
「あれだけ抗生剤で治療していたので、普通はもう自分の力で良くなるはず」
「この子はもしかしたら、胃腸の弱い子なのかもしれない」
とおっしゃっていました。
・・・山根くんなの? (ちびまる子ちゃんより) 


今回のお薬は、
カンピロバクターに対する抗生剤と、いつもの整腸剤2種類です。

抗生剤は、これで3種類目。(トリコモナス・芽胞菌・カンピロバクター)
先生は、本当はあまり飲んでほしくないそうです。
いろんな抗生剤を飲むと、その分体が薬に強くなって、効かなくなってしまうからです。
それに抗生剤には、下痢という副作用もあるのです。
だから、整腸剤10日分に対し、抗生剤は5日分と短め。
どうかこれで、落ち着いてくれますように。
ドイル自身の力と、飼い主のサポートで、頑張りたいと思います。

P9152111.jpg


おなかの件は以上ですが、今回の受診では、気になることがもう3つ。


1つ目。腰の薄毛。
一度薬の服用を止めた頃から、急に抜け毛が目立つようになってきました。
時期的に仕方ないものなのかなぁーなんて思っていましたが。
ブラッシングをしたときの感触の違いや、前の写真との違いを見て、
これはもしかしたら異常…??と不安に。
P9152151.jpg
P9152169.jpg
写真でおわかりいただけるでしょうか…

先生にお伝えすると、「本当ですね、ボソボソだなぁ」とのこと。ガーン、やっぱり…?
顔や上半身、手足やしっぽは、ふさふさで毛艶も良いのですが、
腰回りだけ、ふわふわの毛がなくて、薄毛で、ボソボソ…… でも皮膚には異常なし。
まさかストレス…?
先生に伺うと、
ストレスが原因の場合は、もっと円形に、局所的にがっつり抜けるので、違うとのこと。

考えられるのは、
アトピー的なもの、ノミ・ダニなどのアレルギー的なもの、ホルモン的なもの等。
あとはやはり、季節の生え変わりと、子犬~成犬への生え変わりとの、時期かぶり。
生え変わり方にも個体差があって、いろんな子がいるとのこと。
うーん、ただの生え変わり過程あることを願います。


気になること2つ目。おハゲ。
以前ブログでもご報告した、左腰のおハゲ。
P9151903.jpg

薄毛が気になってきた頃からでしょうか、右側の同じような位置にも、
なんとなーく、うっすら、おハゲがあるような気がしてきたのです。
P9151908.jpg
写真だとわかりづらいですね、スミマセンm(__)m

左同様、肌が見えるほどの脱毛ではなく、表面の毛だけ抜けているような感じ。
皮膚にも異常は見られません。
先生も、これは…なんでしょうね… と首をかしげます。


気になること3つ目。おなかの湿疹。(写真は撮れていません)
これも最近です。
おなかの毛がない部分にいくつか、2㎜くらいだったり5㎜くらいだったり。
最初は皮膚と同じ色のほくろ的なものかと思いましたが、徐々に赤みを帯びてきて、
先生に伺うと、「湿疹ですね」とのこと。
今のところ軽い症状なので、特に薬などは出されず、今後も様子観察です。

※ 腰もおなかも、痒がっているとか、同じところばかり舐めているとか、
  特別目立った行動は見られていません。


病院に行く前に自分でもいろいろ検索してみたら、この3つの症状が、
「クッシング症候群」という病気の症状に似ていることに気付きました。
でも、微妙に違うんですよね……
先生の説明の中にも、この病気について触れる部分がありましたが、
患者によく見られる症状の「多飲多尿」がドイルには見られないこと、
この病気は高齢のワンちゃんに多いことなどから、違うだろうとのことでした。


3つの症状について、特にお薬は出されませんでしたが、
スキンケアのためのドッグフードを無料でくださいました。

いつものごはんに混ぜて(全体の3分の1~半分)、与えてみてくださいとのこと。
先生曰く、このフードには腸内環境をよくする作用もあって、
中にはこれを食べるようになって下痢が改善される子もいるのだとか。
P9152185.jpg

ごはんが変わると食べなくなっちゃう子もいるみたいですが、
ドイルは気にせずモリモリ食べてくれました。ホッ…
P9152236.jpg


どうか、抗生剤と整腸剤で、うんちが硬くなりますように。
どうか、スキンケアのごはんで、おなかの湿疹が消えて、
腰の毛が生えて、艶も出ますように。フッサフサのキッラキラになりますように。


あっという間に食べ終わり、空っぽのお皿を恨めしそうに見つめるドイルくん。
P9152313.jpg



テンション低めの記事になってしまいましたが、ドイル自身はとても元気です!
ごはんも、遊ぶのも、お散歩も、全部一生懸命で、楽しんでるって感じ(^^)
ホント、それが何よりの救いですね。

一緒にがんばって健康体をゲットしようね、ドイル ♪
(↓眉毛繋がってる場合じゃないぞ笑)


コメント
初めまして。心配ですね。
我が家では、8月に2才になったゴールデン♀ハッピーと♂ラッキーの兄弟と暮らしています。ドッグフードは、セレクトスキンケアVets Plan。今日、拝見したのを、1才になる前から食べています。ラッキーは、1才の夏に少し軟便になったことがあって、♂は♀より少し神経質なのかなと考えた時期がありました。今は、OKです。2匹で毎日ワンプロしています。
楽しく遊んで眠って過ごしていらっしゃる様子、楽しみに拝見しています。この時期を乗りきってしまえば、身体も落ち着きますよね。どうか、がんばってください。応援しています‼
伊藤菜奈子dot 2016.09.18 08:35 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2016.09.18 09:44 | 編集
はじめまして。サガハルミと申します
1歳9か月のゴルがいますが、現在北栃木愛犬救命訓練所で
修行をしています。

うちの子も3か月ちょっとで来たのですが、寄生虫と
お腹が弱くて軟便でした。
エンザイム(消化を助ける)とBPDS(カルシュウム)のサプリメントをず~と与えています。仙台のリフドッククラブで購入できます。社長さん奥様とても良い方です022-356-6873
ゴル専門なので、色々と相談に乗っていただけると思います。
あと、広い食いで衛生面で心配があったので、獣医さんから
パラノミスを薦められて毎月あたえています。フィラリア予防、
寄生虫、ノミ・ダニに良い薬です。
自然豊かな訓練所ですが安心していられます。
獣医さんと御相談されてはいかがでしょうか
はるぴーdot 2016.09.18 13:40 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2016.09.18 14:46 | 編集
伊藤菜奈子さんへ

はじめまして!コメントありがとうござます!

ドッグフード、今回私が病院でいただいたものとほぼ同じものをお使いなのですね。
ラッキーくん、一時期の軟便を乗り越えて、今はOKとのこと!
そのようなお話を聞くと、ドイルのこれから先のことにも希望が見えてきます。
今はまだ不安定なおなかですが、ちょっとすつ改善されて、
ゆくゆくはラッキーくんのように健康体になって、
そんな時期もあったねぇーなんて話せたらいいなと思います。
応援ありがとうございます!ドイルと一緒にがんばります!
おもちdot 2016.09.19 08:09 | 編集
はるぴーさんへ

はじめまして!コメントありがとうございます!

訓練所で修行中とのこと、がんばっているのですね。
北栃木ですか。同じ北関東ですね(^^)

3か月ちょっとというと、ちょうど今のドイルくらいですね。
やはり子犬の時期は、おなかの調子が不安定な子が多いのでしょうか…
なるほど、サプリメントですか。
自分自身が縁がないもので、思いつきませんでした。
人間と同じで、ワンちゃん用のものもいろいろあるようですね。
パラノミス、幅広い効果があるのですね。おなかの弱い子にはいいかもしれませんね。
サプリメントやお薬、ゴル専門のクラブなど、
いろいろとご紹介ありがとうございます。
今はまだ、かかりつけの獣医さんにもらったお薬とごはんとで様子を見ている段階ですが、
これから機会があれば参考にさせていただきたいと思います。
ありがとうございましたm(__)m
おもちdot 2016.09.19 08:51 | 編集
はじめまして。ドイルくん可愛くていつもみさせてもらています。我が家はGレトリーバー5才とTプードル10才の2頭飼いです。体の抜け毛ですが、うちはプードルのほうが小さい時からずっとそんな感じで、朝あった毛が夕方ポソッと抜けていたり(ちょっと違うかな?)
2才になるに頃検査をしてもらい、ホルモンの病気で”甲状腺機能低下症”であることがわかりました。ずっとホルモン薬をのんでいます。ホルモンをたせば毛の状態も普通のワンちゃんと同じです。。参考までにコメントさせてもらいました~~~
mellmocadot 2016.09.20 11:48 | 編集
mellmocaさんへ

はじめまして!コメントありがとうございます!

朝あった毛がポソッと… というのはほとんどないですね。
(左腰のものがそれに当たるのかもしれませんが…)
”甲状腺機能低下症”ですか。
調べてみると、確かに症状が一致する部分もありますね。
また発症の多い犬種にゴールデンが入っているのも気になります。
とはいえ… 素人の私には判断することはできませんので、
このまま症状が改善されなければ、いずれはきちんと検査をしてもらうつもりです。
mellmocaさんのお宅のプードルさんのように、
原因がわかればそれに対応できますものね。
同じような症状のワンちゃんが元気に成長されたのだと思うと安心します。
貴重な経験談をありがとうございましたm(__)m
おもちdot 2016.09.21 00:00 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top